関西空港KIX~中国・上海浦東国際空港PVG~江蘇省蘇州駅のハンドキャリー 蘇州滞在編 ①


こんばんは。

最近、日が長くなって来ましたね♪

Sky Way Express は、本日、国内新幹線ハンドで、山口県の新下関駅に緊急貨物をお届けしました。

そして、新幹線ハンドの終了後、九州に渡り、今夜は新門司港からフェリーに乗って、明日の早朝、大阪に戻ります。

今は、北九州市小倉駅のカフェでブログの執筆をしております。

では、前回に引き続いて、江蘇省の蘇州滞在編ブログをお届け致します。

オープニング写真は、前回のラストにも掲載した、蘇州駅のダイナミック看板です。

あまりに豪快で強烈なイメージを残してくれた、蘇州駅です。

水の都・蘇州に足を運ぶ、日本人旅行客は後を絶ちません。

ハンドキャリー業務を終えた初日の夕飯です。

初めての蘇州で右も左も分からず、まずは手頃なホテルを探し、飛び込みチェックインしました。

そして、ホテルで休息の後、繁華街を散策中に入った中華屋さんです。

中国では庶民的なとても人気料理らしく、この卵とトマトの炒め物の料理、最高に美味しかったのですよ♪

卵とトマトの炒め物、ご飯のどんぶり物もあれば、麺類に具として乗せた物もあります。

とにかく、卵とトマトの組み合わせのコチラ、とってもオススメです!!!

美味しい料理を頂いた後は、初日の疲れを癒そうと、ホテルに戻って早めに休みました。

確か、蘇州駅から地下鉄に乗って降りた駅は、石路駅でしたね。

賑やかな繁華街でしたが、かなり有名な商店街なのでしょう。

滞在二日目の朝は、散歩から始動です。

蘇州は水の都だけあって、所々に水路があり、朝から業務船が行き交っていました。

川沿いの公園では、中高年の皆さまが健康のためか、交流のためか、太極拳をやって汗を流していました。

中国では何処の都市へ行っても見られる、太極拳文化の光景です。

私もいつか、飛び込み参加させて頂きます!!!笑っ

蘇州一泊目のホテルをチェックアウトし、朝食を済ませました。

朝だからでしょうか。

少量メニューがあって、量が少なめの麻婆豆腐とご飯セットを注文しました。

これで、5元でした。約90円!!!

何たる安さ♬ 何たる美味しさ♬

二日目の蘇州で泊まるホテルは、地下鉄の2つ隣り駅でした。

近かったので散策しながら、ノンビリ歩いて行きました。

中国のポストは、緑色?なんですね。

日本の赤色ポストも、中国人から見ると不思議なのでしょうかね♪

二日目ホテルにチェックインしました。

有名チェーンの 7 days ホテル♬

さぁ、蘇州滞在二日目の一番の目的は、雄大な蘇州の湖、太湖を観に行くことです。

雄大な太湖を目指して出発です!!!

地下鉄の終着駅からバイタクならぬ、チャリタクに乗車です。

ギシギシ、ガタガタ、風情があります♪

初乗りと言いますか、一回乗車で15元(約270円)は、クルマより、バイクより、割高です!!!(笑)

少しお行儀が悪くスミマセン!!!笑っ

目的地に到着しました。

仕事を終えて、チャリタクおじさん、すこぶるご機嫌でした。

こちらが蘇州の有名な水郷がある観光地、歓楽地です。

こちら観光地を通り抜け、、何キロも先の向こうには、目指していた太湖があるのでしょう。

感動、感激の大きな中国の湖、太湖との対面はまた次回にお届けします。

『いま届けたい 心の込められた あなたの大切な物』。

Sky Way Express は、蘇州の太湖に出会えました!!!


注目のブログ
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新のブログ
アーカイブ
タグ
まだタグはありません。
フォロー
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
海外国際ハンドキャリーに関するお悩みは
お気軽にご相談ください
 大阪市内  06-6582-8670
H Phone  (24h可)  090-9963-6544
中国可  fumishan@live.jp  ✉
info@skywayosaka.com  ✉
http://facebook.com/OfficeHirofumi
Sky Way Express
スカイウェイ エクスプレス
株式会社 Office Hirofumi
〒550-0022
​大阪府大阪市西区本田4-6-20
ラパンジール本田Ⅱ 522号室
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon

© Produced by Office Hirofumi co.,ltd / 株式会社 Office Hirofumi / OSAKA JAPAN / 2020