中部国際空港セントレアNGO〜タイ・バンコク・スワンナプームBKKのハンドキャリー 往路編


こんにちは!!!スカイウェイエクスプレスです。

日に日に寒くなって来ましたね♪

皆さまはお風邪引いてませんか?

さて今回より、スカイウェイエクスプレスのブログは、タイバンコク行き輸出ハンドキャリーです。

タイって、ホンマにイイですね♬

タイ行きハンドキャリーを受注しますと、メチャ胸が高まります!!!

では、ご覧下さいませ。

最初の写真は、中部国際空港セントレアを飛び立つ前のタイ航空ボーイングB777機です。

中部国際空港セントレアの所在はコチラ!!!

九月中旬のその日、スカイウェイエクスプレスは夕暮れ時に緊急ミッションを受注しました。

出発は日が変わってのam0:30離陸です。

受注からフライトチケットを確保し、企業お客様の元へ貨物を集荷しに参り、そして高速の伊勢湾岸道をひた走り、中部国際空港セントレアに到着しました。

お電話を頂いてから5時間後のpm23:00です。

この時間の中部国際空港セントレアは、ひと気もまばらなヒッソリムードでした。

離陸時間まで時間は少なかったですが、景気付けにステイタスラウンジにて深夜の乾杯です。

深夜の搭乗時間が迫って来ました。

搭乗ゲートに到着です。

紫色の尾翼が鮮やかなタイ航空B777に搭乗しました。

大型機のボーイングB777機は、一番操縦しやすいと世界中のパイロットが口を揃えて言う名機だそうです。

ボーイングB777機は、颯爽とセントレアの滑走路を北に走り出しました。

伊勢湾上空を北方に離陸し、一気に左急旋回、そして、タイバンコクのある南西の方向にスピードを上げて飛んで行きました。

しばらくして安定飛行に入ると、最初の機内軽食が出ました。

厚切りカツサンドとフレッシュオレンジジュースです。

タイ航空は、一位二位を争うほど好きな航空会社ですね♬

6時間にも及ぶ深夜のフライト時間は、快適なビジョンと美味しい2回の機内食により、あっという間に時が過ぎ去ります。

バンコク到着前の2回目朝食ミールは最高でした!!!

ほくほくのオムレツと香ばしく焼き上げられた厚切りベーコン、柔らかパンと新鮮なフルーツ♬

どの料理もあまりに美味しすぎて、出て来る言葉は、サティスファクション!!!しかありませんでした。

料理のお供に頂いたのは、やはりタイビア!!!

よく冷えていて、たまらない喉ごしでしたね♪

タイと日本の時差は、二時間です。

夜明け前の早朝am4:00頃、B777は下降を開始し、タイバンコクの灯りが見えて来ました。

待ってろよーー!!!大好きな Bangkok!!!

Sky Way Express は、タイバンコク行きのハンドキャリー実績が豊富にございます。

大都市バンコク内の行き先により、ドンムアン空港とスワンナプーム国際空港のより良い方を選択が可能です。

如何に速く、如何にお安く、如何にスムーズな税関手続き通過、そして、如何に安全な地上ルートを選ぶか、ハンドキャリー業者の腕の見せどころです。

いつでも、お気軽に、Sky Way Express へお問い合わせ下さいませ。

『いま届けたい 心の込められた あなたの大切な物』。

海外国際ハンドキャリー Sky Way Express のホームページ

https://skywayosaka.com

#海外国際ハンドキャリー

#SkyWayExpressの日記

#スカイウェイエクスプレス

#株式会社OfficeHirofumi


注目のブログ
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新のブログ
アーカイブ
タグ
まだタグはありません。
フォロー
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
海外国際ハンドキャリーに関するお悩みは
お気軽にご相談ください
 大阪市内  06-6582-8670
H Phone  (24h可)  090-9963-6544
中国可  fumishan@live.jp  ✉
info@skywayosaka.com  ✉
http://facebook.com/OfficeHirofumi
Sky Way Express
スカイウェイ エクスプレス
株式会社 Office Hirofumi
〒550-0022
​大阪府大阪市西区本田4-6-20
ラパンジール本田Ⅱ 522号室
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon

© Produced by Office Hirofumi co.,ltd / 株式会社 Office Hirofumi / OSAKA JAPAN / 2020